マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

保険・ローン・カードの知って得する情報

本当に知らなかったら損をする保険・ローン・カードの得得情報ブログです。

日本工学院の教育ローン

【教育ローン】について姉に相談したところ、やはり国民生活金融公庫が実施している一般貸付を勧められました。
今北海道の大学に通っている姉の子どもはその【教育ローン】で入学金を賄ったそうです。
今は国民生活金融公庫という施設はなくなって、日本政策公庫と名前が変わっていますが、【教育ローン】は従来通りの条件で利用出来るみたいですね。
ただねぇ、国民公庫の【教育ローン】は上限額が200万位じゃないですか。
たりるかどうか、思いきり微妙なところ、もしかしたら、銀行の【教育ローン】を足さなければならないかも知れません。
何しろ大都会東京の私立の専門学校ともなると、初期費用だけでも私の年収は軽く超えますからね。
いくつかの【教育ローン】や奨学金をうまく組み合わせて資金を調達するという形になるでしょうね。
まあ、娘が第一志望の学校に合格すればの話ですが、最低限すぐに【教育ローン】の申し込みが出来るように、ある程度の準備だけはしておかなければと思う今日この頃です。

【教育ローン】は住宅ローンほどではありませんが、返済期間が短いので組んだ以上は益々家計が苦しくなるのは事実です。
出来れば女の子ですし、地元の短大か専門学校にでも進学してくれれば、随分楽です。
例え【教育ローン】を組むとしても、年金からの貸し付けだけで十分賄える可能性もあります。
ところが、うちの娘と来たら、日本工学院のコンサートスタッフ専門学科に願書を出してしまったんですよ、将来は音楽プロデューサーになりたいとかで。
その入学案内を見て親は目が点、俄かに【教育ローン】という言葉が脳裏を宿りました。
又、ご親切な事に、日本工学院のホームページには、そんな悩める保護者のために【教育ローン】の手続き方法をしっかりと記載してくれています。
【教育ローン】や奨学金制度を活用して、是非素晴らしいキャンパスライフを送らせて上げて下さいとばかりにね。

【教育ローン】は住宅ローンのように30年返済なんてなく、最長でも10年そこそこで返済しなければなりません。
そのため、もし【教育ローン】を目一杯利用すれば月々の返済額は住宅ローンと変わらない位になってしまいます。
我が家の場合、住宅ローンの返済額は毎月65000円ほどですからね。
つまり今【教育ローン】を組むという事は、家をもう1軒買うようなものなんですよね。
でも、東京での下宿の準備にかかる費用だけでも中途半端じゃないだろうし、そこに入学金や当座の娘の生活費、そんなこんなを考えると、頭が痛くなる一方です。
けれど、せっかく娘が必死にハイレベルの日本工学院に進もうとしている訳ですから、親が勇気を出して【教育ローン】にトライするのは当たり前かも知れないとも思います。
日本工学院の素晴らしさはネットを見ていてもよく解るし、出来る事ならそこでやりたい事をさせてやりたいものです。
そのために絶対必要になるのが【教育ローン】、また、その利口な活用法もブログやサイトには多数掲載されているようです。
そんな【教育ローン】に関する情報、読めば読むほど安心もしますが、不安にもなる、それが今の正直な心境ですね。

労働金庫の教育ローン

【教育ローン】を検討する場合、まず最初に国の【教育ローン】を考えましょう。
国の【教育ローン】というのは、嘗ての国民生活金融公庫、現在の日本政策公庫が実施している学資融資です。
一応指定の学校に進学する場合のみと規定されていますが、基本的には殆どの高校・大学と専門学校が認められています。
又、音大や美大に進学が決まった場合は、そこでの学業に必要な費用全てを【教育ローン】で賄う事も可能です。
例えば、音大に入ったらピアノやバイオリンなど高価な楽器が必要になりますよね。
それを購入するための資金も【教育ローン】に組めるという事です。
国の【教育ローン】は金利が低く、固定型であるのが一番の特徴、なにより安心して手を出せます。
けれど、国の【教育ローン】は融資額の上限が低く、公庫からは最高でも200万円までしか借入出来ません。
その点、民間の【教育ローン】には上限が500万程度のプランも沢山あります。

【教育ローン】についてのセミナーというのが先日子供の通う高校で開かれ、こうした様々な説明を聞いてきました。
【教育ローン】なんてまだまだ無縁のものだと思っていたのに、娘も早高校2年生、まさに明日は我が身となりました。
国民金融公庫や郵貯銀行の取り扱っている【教育ローン】は、昔からよく知っています。
それに、銀行に住宅ローンやマイカーローンと同様、【教育ローン】が存在する事もね。
後、近頃だと、信販会社、所謂ファイナンス系のローンや外資系の損保会社などが【教育ローン】を出したりなんかもしていますよね。
流石にこの年になると、周囲には我が子が大学進学を迎えた親御さんが増え、少しずつそうした【教育ローン】の話を聞くようにもなりました。
でも、農協や労金こと、労働金庫にも【教育ローン】があったというのは知りませんでしたね。
まあもっとも、地方労金も立派な銀行と言える存在ですから、【教育ローン】の1つや2つ持っていても不思議ではありません。

【教育ローン】は自分のメインバンクを利用するのも一つの手だとの事でした。
だとしたら、うちは近畿労働金庫がメインバンクなので、近畿労金の【教育ローン】を検討してみてもいい訳ですよね。
関西に住んでいると、設けない金融機関というキャッチフレーズに引かれて、近畿労金に口座を開設した人も多いと思います。
少なくともうちはそうですから、そんな設けない金融機関の【教育ローン】、その中身は実に気になるところです。
取り合えずまだ十分時間的な余裕はあるので、これから少しずつでも近畿労金をはじめ、いろいろな金融機関の【教育ローン】について調べてみようと思っています。
最近はネットで【教育ローン】の申し込みやシミュレーションの出来るサイトも一杯あるそうですね。
少なくとも、【教育ローン】に関するブログやサイトは出来るだけ多く読んだ方が絶対に有利に事が進められると思います。
と言う事で、今日は全国の労働金庫の【教育ローン】についての情報を集めて比較していました。
将来、この私の努力が実って、【教育ローン】のお世話になれると嬉しいのですが・・・。

教育ローンと厚生年金

【教育ローン】として最もポピュラーなのが国民金融公庫からの一般貸付です。
ただこれは上限が200万円なので、入学金と当座の生活費位はなんとかなりますが、子供が卒業するまでの資金を全て賄うのはとてもじゃないけど無理ですよね。
勿論、事前に生活設計を立てて、学資保険などに加入していれば別ですが、国の【教育ローン】のみというのは現実問題かなり厳しいと思います。
うちは以前はこどものためにそこそこ貯金していましたが、ここ数年の不況で、主人の会社が苦しくて、とうとう去年子供のための保険を全て解約してしまいました。
さあいよいよこれから必要だという時に何の役にも立たない状態で、頼るは【教育ローン】のみという訳です。
地元の国立大学に合格してくれれば、国民公庫からの融資だけで何とかなります。
しかし、もし地方の私立大学に進学が決まれば、他の【教育ローン】も足して補わなければならなくなってしまいます。

【教育ローン】は民間の金融機関でも出しています。
有担保型もあれば無担保型もありますし、金利も固定式と変動式、自由に選択出来る【教育ローン】も多いようです。
ただ、やはり国の【教育ローン】に比べれば金利が高いのは確かです。
そこで、取りあえず国民金融公庫からの融資と奨学金制度をフルに生かす方向で考え、最終的に不足分を年金貸付で賄うしかないかなぁっと考えています。
年金貸付というのは、厚生年金か国民年金に加入している人を対象とした【教育ローン】。
本来なら誰でもが利用出来る制度なんですよね、年金加入は国民の義務ですから。
ところが、これには加入年数や未払い機関が有るか無いかなどの審査があるため、近頃はこの年金からの【教育ローン】を利用出来ない人も結構いるようですよ。
因みにこの年金貸付は国民金融公庫の【教育ローン】の延長線上にあるみたいな形ですね。
立派な国の【教育ローン】制度なので、もし利用出来れば安心安全です。

【教育ローン】を組むのは親ですから、あくまでも親の借金。
もし親に不具合があって、【教育ローン】の審査が通らず、子供が進学を諦めるような事にでもなれば、それはとても辛い事です。
今はまだ子供さんが小さくて、【教育ローン】なんて実感の湧かない若い親御さんも沢山いらっしゃる事でしょう。
でも、あっと言う間に子供の教育費で悩まなければならない時がやって来ます。
その時、年金貸付や郵便局の【教育ローン】が利用出来るように、今からきちんと計画を立てた生活をされる事をお勧めします。
これからの時代、親の収入は減るのにも関わらず、子供の学費は増える一方です。
【教育ローン】のお世話にならずに子供を一人前にするのは並大抵の努力ではありません。
年金貸付をはじめ、国や民間の【教育ローン】については、ブログやサイトで多数紹介されています。
そうしたブログやサイトで今一度年金や【教育ローン】について学び、将来設計を立てられて見てはいかがでしょうか。

みずほ銀行の教育ローン

【教育ローン】の相談をするために今日、みずほ銀行の担当の人にお会いして来ました。
別に【教育ローン】の専門という訳ではなく、融資全般を担当していらっしゃるようでしたが、とてもいい方でしたよ。
御自分にも中学生の双子の娘さんと息子さんがいらっしゃるという事で、実に親身になって我が家の【教育ローン】の相談に乗って下さいました。
実は昨日は昨日で別の大手銀行の【教育ローン】の説明を聞きに行って来ました。
来週又、一カ所行く予定で、一応三大メガバンクの【教育ローン】は全部調べてみようと思っています。
本当は公共の【教育ローン】を利用するのが安心安全なんだろうとは思います。
ただ、上限が低いため、今のままで行くと、必ずどこかの銀行の【教育ローン】を足さなければならないのです。
うちのメインバンクは郵貯銀行なのですが、郵便局の【教育ローン】は事前にある程度の積み立てをしておかなければ利用出来ません。
いくらメインバンクと言っても、振り込まれたお給料は次から次へと引き落とされて貯金どころではない我が家が、郵便局の【教育ローン】を使うのは難しいのです。

【教育ローン】はある程度学資保険などの貯えがあればそれほど大きな融資額でなくてもいいのですが、我が家の場合はかなり大きなローンを組む事になります。
すると、どうしても金利は少々高くても、条件に見合う融資の受けられる大手銀行の【教育ローン】がベターという事になるんですよね。
みずほ銀行には無担保型の【教育ローン】というのがあって、賃貸マンション住まいのうちでも利用出来ます。
それに、今、みずほ銀行では金利特別キャンペーンというのをやっています。
その対象となるのが無担保型の【教育ローン】、どうしても気にせざるを得ませんよね。
勿論、みずほ銀行には不動産を担保にした【教育ローン】もありますが、こちらは今回のキャンペーンの対象にはなっていないようです。

【教育ローン】は、親子に代で返済するご家庭も多いらしく、みずほではそうした組み方も出来るみたいですね。
例えば、子供が在学中には親が金利の身を返済しておいて、卒業後に本人が元金を返していくというシステム。
これなら、今少々苦しくても、老後まで子供の【教育ローン】に悩まされる心配はありません。
その辺りのところも、みずほ銀行の【教育ローン】の魅力の一つですね。
でも、こうした条件は昨日訪ねた銀行の【教育ローン】にでも同様に用意されています。
ただね、今日説明して下さった銀行員の方は、本当にいい方で、どこも似たような【教育ローン】なら、みずほがいいかなぁっと思ってしまいました。
つまらない事かも知れませんが、お金の相談って、やっぱり親身になって聞いてもらえると、何だか嬉しくなるじゃないですか。
確かに金利の安い国民金融公庫や郵便局の【教育ローン】は今も昔も大人気です。
でも、最近は上限額の高い民間の金融機関や損保会社の【教育ローン】を利用する人も増加しているんですよね。
それだけこどもに掛かる学費が高価になって来ているからなのでしょう。
ブログやサイトをよんでいても、みずほをはじめ、メガバンクの【教育ローン】を利用している人は少なくないようです。
これから先、そうした学資関連のブログやサイトを参考にもっともっと比較検討をする必要はあるでしょう。
でも我が家としてはみずほの【教育ローン】は見過ごす訳にはいかない存在だと思っています。

三井住友銀行の教育ローン

【教育ローン】をお考えになる際には、是非とも三井住友銀行を検討したいものです。
うん、あの頃は三井住友銀行という名前ではなかったかも知れませんが、とにかく、もう10年も前に、当時のある支店の支店長さんからこんな【教育ローン】の勧めをされました。
まだ息子が小学生で銀行のロビーを走り回っていた頃、ちょうど我が家がマイホームの住宅ローンについて相談に行った時の事です。
当時はまだ息子の【教育ローン】の話なんてはるか未来の事だと思っていたのに、時の立つのは本当に早いものです。
もう半年もしたら我が家も息子の入学金だの下宿の費用だのと、進学のための資金繰りで頭を悩ませなければなりません。
子どもが生まれた時から学資保険に入っていない我が家では、最終的には【教育ローン】のお世話になる事になるでしょうね。
勿論一発で大学に合格してくれればの話ですから、銀行へ【教育ローン】の相談に行けるというのは、ある意味嬉しいものなのかも知れません。

【教育ローン】はやはり国民金融公庫の出している一般貸付と呼ばれるローンがメジャーなようです。
学校によっては、国の【教育ローン】を斡旋してくれるところもあると小耳に挟みました。
とは言っても、ただ手続きの方法などを紹介してくれるだけで、必ずしも審査が通るとは限っていないじゃないですか。
国の【教育ローン】は年収が多くても少なくても難しいようですからね。
うちのように、自営業で、たまたま去年の年収が多かった場合は、不利になる事も考えられます。
もし毎年それだけ儲かるんだったら、もっと貯金も溜まっているし、【教育ローン】のお世話になんかならないって言うんですよね。
その点まあ、銀行の【教育ローン】は金利はお高いですが、かなり融通が効きます。
特にうちは個人でも法人でも三井住友銀行をメインバンクとしているので、一度息子の【教育ローン】についての相談だけでもしてみる価値はあるのではないかと考えています。

【教育ローン】としても十分活用出来るライフスタイルローンというのが三井住友銀行にはあります。
三井住友銀行で住宅ローンを組んでいる人を対象にした制度で、通常の【教育ローン】に比べて金利がかなりお得です。
住宅ローンの返済が一年以上滞っていなければ利用出来るようなので、これも我が家には一つの選択肢です。
このシステムを利用すれば、国の【教育ローン】との金利差は1%にも満たない事も考えられるからです。
ただ、気を付けないといけないのは、三井住友銀行の【教育ローン】は金利が変動制であるという事ですよね。
最初に好条件で借りられたような気がしても、後で大変な思いをしなければならない状態に陥る事もなくはありません。
なので、今の時点ではあくまでも三井住友銀行の【教育ローン】も比較対象の一つであるというだけです。
ただね、国の【教育ローン】よりも銀行の学資融資は絶対的に条件が悪いと考えている人も多いようなので、そうでもないんじゃないかという事を言いたかったんですよ。
ブログやサイトでも、近頃は民間と国の【教育ローン】をしっかり比較する事を勧めている記事が目立ちます。
それだけ、【教育ローン】も自分たち親子のライフスタイルに合わせて選べるようになったという事なのでしょう。

農協の教育ローン

【教育ローン】を検討する上で、やはり国の【教育ローン】は外せないとよく言われます。
国の【教育ローン】というのは嘗ての国民生活金融公庫、今の日本政策公庫が実施している一般貸付の事です。
後、郵便局の【教育ローン】や年金からの教育貸し付けも支持は大きいですよね。
郵便局も少し前までは国民金融公庫と同じく政府機関の一つでしたし、うまくいけば、国民金融公庫の2倍程度の融資が受けられるという事で人気があるのでしょうね。
尚、年金教育貸付というのは、国民年金か厚生年金の加入者のみを対象とした【教育ローン】。
やはり安心なのは安心みたいですが、融資額の上限が低いのが難点みたいです。
現在日本で利用出来る公的機関の【教育ローン】はこの3つだけですが、他の金融機関もいろいろな学資融資を出しています。
銀行や損保会社、ファイナンス会社などが出している【教育ローン】も一応チェックはしてみた方がいいみたいですね。

【教育ローン】は金利も気になりますが、審査基準というのも重視しなければなりません。
で、今うちが来年大学進学が決まっている娘のために考えているのがJA、農協の【教育ローン】です。
ちょうどうちは実家が農家なので、農協の組合員ですから結構好条件で利用出来るみたいなんです。
まあ、まだ農協の【教育ローン】については全然調べていないので、分からない事だらけなんですけどね。
残念ながら私の周囲には農協の【教育ローン】を使っている人がいないんですよ。
実は私自身も農協に【教育ローン】があるなんて全く知りませんでした。
農協のマイカーローンっていうのは、サザエさんちがテレビコマーシャルをしているのでなじみがあったんですけどね。
もしかしたら、同じイソノ家の農協のコマーシャルの中で、カツオ君やワカメちゃんの【教育ローン】についてもアピールしているかも知れません。
が、私はそんな農協の【教育ローン】の制度を全く知らなかったのは確かです。

【教育ローン】について調べてみると、間違いなく農協の【教育ローン】は紹介されています。
しかも上限額も500万円と、郵便局や国民金融公庫の【教育ローン】よりもかなり高額です。
金利は変動型と固定金利のどちらかから選択出来るので、銀行などの【教育ローン】と似たような感じですね。
考えてみれば農協だって今やJAバンク、りっぱな銀行系の金融機関ですもんね。
それに農協には父の知り合いも多いので、安心して【教育ローン】の相談にも乗ってもらえるんじゃないかなぁっと思っています。
まだ国民金融公庫や大手銀行の【教育ローン】に比べれば随分マイナーなような気もしますが、学資関連のブログやサイトをみている限りでは結構いい感じ。
私としては十分他の【教育ローン】との比較対象に加える価値はあると思いますね。
ブログやサイトの情報は結構信用性が高いので、農協の【教育ローン】も大いに注目です。

国民金融公庫の教育ローン

【教育ローン】も住宅ローンと同じく、国民金融公庫でお世話になるのが一番いいのではないかと考えているのですが、いかがなものでしょうね。
私も兄も揃って奨学金と国民金融公庫からの【教育ローン】で大学に通わせてもらいました。
お陰で、素敵な男性と出会い、今は我が子の【教育ローン】について検討する主婦です。
あっ、今はもう国民金融公庫とは呼ばなくて、日本政策公庫か何かに名前が変わってるんですよね。
でも、ちらっと聞いたところによると、今でも国民生活金融公庫時代と同様、低金利の【教育ローン】は取り扱っているとの事。
まあ、こういうご時世ですから、主人も頑張ってはくれているのですが、子供の学費を全額家計から出すのは厳しい状態です。
そこで、私としては、自分も嘗てお世話になった国民金融公庫の【教育ローン】で、何とか乗り切りたいと考えています。

【教育ローン】は時代を反映してでしょうか、私の頃とは違って、様々な種類が登場しています。
昔のように、郵便局か、国民金融公庫か、それとも年金かで悩む時代なのではないのかも知れません。
今や【教育ローン】は公共か民間かで悩む時代だという友人もいます。
確かに、民間の金融機関が出している【教育ローン】は、年間所得や家族構成に拘らなかったり、融資額が大きかったりと、それなりのメリットは多数あります。
ただ、やはり金利が国民金融公庫の【教育ローン】とは全く違って、ストレートに言わせてもらうと、お高い。
中には、国民金融公庫の一般貸付と比較して、2倍位金利の違う教育ローも結構あります。
当然、融資額が大きくなればなるほど利息も増える訳で、本当にまとまったお金が必要な時期には有難いかも知れませんが、後の事を考えるとねぇ。
【教育ローン】はあくまでも親の借金、親の力で返せる状態にしておきたいんですよね。

【教育ローン】は親が借りて返すもので、奨学金は子どもが借りて返すもの、うちの親はこんな風に話していました。
なので、当時国民金融公庫で借りた【教育ローン】は兄の分も私の分も、全額両親が働いて返済してくれました。
その代りに、私たち兄弟は奨学金を自力で全部返しましたけどね。
最近は高校までもが義務教育化している状態で、大学まで出すのが親の役目、【教育ローン】も奨学金も共に親の責任だと思っている人も多いそうです。
だとしたら、我が家も子どもの学費は全額親負担、下手をすれば【教育ローン】と奨学金の両方を並行して返済していかなければならない訳じゃないですか。
それを考えると、最低限必要なお金だけを、出来るだけ金利の低いところから借りる、これがベストだと思うんですよね。
なので、やはり国民金融公庫の【教育ローン】にお世話になれれば一番有難いと考えています。
こんな国民金融公庫の【教育ローン】への固定観念は今時流行らないのかも知れません。
近頃は、外資系の損保会社や大手の信販会社などでも条件のいい【教育ローン】を一杯出していますからね。
だけど、ブログやサイトを読んでいると、まだまだ国民金融公庫の【教育ローン】を推薦している人は沢山います。
現役の大学生の子を持つ親御さんからの、そうした公的【教育ローン】の勧めを読むとほっとしますね。

教育ローンの比較

【教育ローン】についての相談なのですが、最近はいろいろな【教育ローン】がありますよね。
一般的には公的金融機関が取り扱っている【教育ローン】を勧めて下さる方が多いような気はします。
所謂、旧国民生活金融公庫や郵便局、年金貸付などの学士ローンです。
こうした公的【教育ローン】は、金利も低く抑えられていて、安定している所から、人に情報提供するのであれば妥当な線と言ったところなのでしょう。
しかし、事前に積立しておく必要があったり、年間所得が多いと駄目だったりと、利用出来ないケースも結構あるようです。
それに比べて、民間の金融機関が取り扱っている【教育ローン】は、柔軟性にも優れていますし、融資額が大きいのも魅力。
勿論、国の【教育ローン】がフルに利用出来て、その融資額だけで賄えれば一番いいのでしょうが、そうもいかない状況も想定しなければなりません。
となると、あちこちの【教育ローン】を比較して、どこかにお世話になる事になります。

【教育ローン】の比較と一口に言ってもそのポイントは多数あるでしょうし、何より、今我が国には【教育ローン】が溢れ返っています。
聞くところによると、公共の【教育ローン】はたった3種類ですから、隅から隅まで比較してもたかが知れています。
ところが、民間の【教育ローン】には250種類以上ものプランがあるそうですから、とてもじゃないけど、全部比較するのは無理ですよねぇ。
毎日1種類ずつデータを調べても半年以上かかりますし、それらを照らし合わせてあれこれ比べるとなると、気が遠くなりそう。
うちの子はまだ高校に進学したばかりですが、今からもう3年後の大学進学に向けて、【教育ローン】で悩んでいます。
今のご時世、その頃にはまたきっと金利も変わっているだろうし、今の【教育ローン】が全てそのままの状態で存在しているとは限っていません。
当然消えていく【教育ローン】もあれば、新たなプランも登場してくることでしょう。

【教育ローン】は余り早くから考えても仕方がないという意見もあれば、いざとなってからでは遅いという人もいます。
無論、多額のお金を借りる訳ですから、それなりの審査もあるでしょうし、手続きにはそこそこ手間が掛かるのは当然です。
いざとなって焦る位なら、今から少しずつでも【教育ローン】についての比較検討をしておいてもいいんじゃないかなぁっと思っているんですよね。
それに、郵便局の【教育ローン】を利用するのであれば、数年前から積立しておく必要があるそうですからね。
ようするに財形貯蓄をベースにした【教育ローン】という事になるんですね。
言うまでもなく、日本で一番普及しているローンは住宅ローンですが、【教育ローン】も最近はすっかりメジャーなローン。
何しろ親が食べて行くのに精一杯の時代ですから、子供の学費を工面するのは並大抵ではないという事なのでしょう。
お陰で、ブログやサイトの中には、【教育ローン】や学資保険に関する情報が溢れています。
そうしたブログやサイトを参考に、我が家も少しずつ【教育ローン】について比較して行きたいと思っています。
なので皆さん、【教育ローン】に関するいい情報があったら、是非教えて下さいね。

郵便局の教育ローン

【教育ローン】はやはり郵便局や金融公庫の扱っている公的【教育ローン】が一番安心なのでしょうか。
聞くところによると、現在公的【教育ローン】には全部で3種類あって、取り扱う金融機関によって、審査の基準や上限額、勿論利息もかなり異なるようですね。
後、進学する学校によっては国の【教育ローン】の対象外となる事もあると言うではありませんか。
そんなこんなの先輩お父さんお母さんの話を聞くと、どうしても不安になります。
うちの子はまだ小学生ですが、もう今から大学進学に向けて【教育ローン】を考えておかなければならないのではないかってね。
特に条件のいい郵便局の【教育ローン】を利用するためには、予め数年前から準備しておかなければならないようですし。
時と場合によっては、【教育ローン】に頼るために、子供の希望する大学に進学させて上げられない可能性も出て来ます。

【教育ローン】は、本来なら子供の進学がある程度決まった段階で適当な【教育ローン】を探すのがベスト。
でも、実際には中々そうはいかないようなんですよねぇ。
例えば、国民金融公庫が取り扱っている一般貸付と呼ばれる【教育ローン】には、指定の学校に進学した時のみという条件があるようです。
つまり、その対象外の学校を子どもが希望すれば、その時点でもう利用不可という事になります。
その点、郵便局の【教育ローン】なら、殆どの高等学校以上の学校という事なので、まず親の資金繰りのために子供の志望校を検討する必要はなくなりますよね。
それに、郵便局の【教育ローン】は専門学校や海外留学にも利用出来るそうです。
子どもの選択肢を増やして上げる面でも、郵便局の貸し付けは、すごく魅力的ですよね。
けれど、そんな郵便局の【教育ローン】には、事前積立という大きな条件があります。
教育積立郵便貯金という積み立てに参加し、最低でも1年以上毎月定額のお金を積み立てておく必要があるのです。
そして、その積立の金額によって、利用出来る【教育ローン】の上限額が決まって来ます。

【教育ローン】はどうせ返さなければならないものですから、先に【教育ローン】の一部を返済しておくという感覚なら、郵便局の貸し付けはグッドかも知れません。
郵貯貸し付けでは、事前に積み立てた総額の2倍の金額が【教育ローン】の上限融資額という事になります。
その最大上限は5年で200万円積み立て、400万円借りるというコース。
まだうちの場合は、大学入試までに5年以上ありますから、十分準備期間はある訳ですが、上限一杯まで郵貯の【教育ローン】を利用するのは楽ではないかも知れません。
何しろ毎月3万円以上子供のために積立貯金しなければならないのです。
先ほども書いた通り、これってある意味、事前に【教育ローン】を返済しているようなものでしょう。
それを考えると、郵便局の【教育ローン】もいいのか悪いのかと行ったところではあるのですが、やはり魅力と安心感は大きいようです。
ブログやサイトを読んでいても、郵便局の【教育ローン】に関するお勧め情報は多数掲載されています。
後で長く苦労する位なら、今から少しずつ頑張っておくというのも一つの選択肢ですから、検討してみる可能性は十分あるでしょうね。
まあ、もう少しブログやサイトで郵便局の【教育ローン】についての調査をしてからでも遅くはないと思っていますけどね。

教育ローン

【教育ローン】という子どもの学費を融資してくれる制度があると聞いて、早速その【教育ローン】について調べてみました。
当然審査はありますが、もしうまく行けば、息子の入学金を賄えるのではないかと思ったからです。
奨学金制度というのは私が学生だった頃からありましたが、【教育ローン】というのは初耳。
長年積立して貯める学資保険とは違って、【教育ローン】は、いざという時にこれと言った準備がなくても頼れるシステムなんですね。
しかも住宅ローンでおなじみの、国民生活金融公庫も取り扱っていると聞いてビックリです。
勿論、元郵便局の郵貯銀行や一般の銀行などでも【教育ローン】は用意されているようです。
融資を受けられる条件や金利は少しずつ違うかも知れないので、その辺りもこれからいろいろ診てみたいと思っています。
まずは、どこのどんな【教育ローン】があるのかというところからですよね。

【教育ローン】には何種類もあるようですが、国が子供の学費をサポートしてくれる公的【教育ローン】というのがやはり最も安心なようです。
国の【教育ローン】は全部で3種類、そして、それらを扱っているのが政府系金融機関である国民生活金融公庫や郵便局、独立行政法人福祉医療機構です。
でもって、割と利用しやすそうなのが、国民生活金融公庫が実施している貸付制度。
日本工学院などの融資対象となる学校に在学している人を対象とした一般貸付と呼ばれる【教育ローン】です。
後、国民年金及び厚生年金加入者を対象とした【教育ローン】である年金教育貸付という制度もあって、こちらは独立行政法人福祉医療機構が取り扱っています。
これに加え、同じく公的【教育ローン】として郵貯教育貸付というのもありますが、こちらはちょっと要注意。
事前に郵便局や郵貯銀行などで在る程度積み立てをしておかないとすぐには利用出来ないようです。
しかし、なんと驚く事に、この3つの公的【教育ローン】を同時に全て活用する事が出来る場合もあるんですね。
ただ、当然そのためには様々な条件が提示されるでしょうし、あくまでも【教育ローン】は貸付、返済の事も十分検討する必要はあるでしょう。

【教育ローン】は国の制度とは限っていなくて、都市銀行や地銀、それに地方信用金庫などの所謂銀行系の金融機関も独自の【教育ローン】を出しています。
又、最近では外資系を中心に損保会社の【教育ローン】というのも普及してきているようです。
時と場合によっては、国の【教育ローン】よりもお得な事もあるみたいなので、十分比較する価値はありそうです。
受験勉強を頑張る息子を横目に、親は資金繰りに四苦八苦、親子で日々学習ですね。
でも、うちは貧乏ファミリーの類で、まだ中学生の娘もいるので、今、【教育ローン】について調べておく事はとても大事だと思っています。
近頃は有難い事に、わざわざ仕事を休んで役所や銀行へ相談に行かなくても、家に居ながらにして、いくらでも情報収集が出来ますよね。
私よりもずっと前から【教育ローン】について調べている人も多いらしく、又、実際に利用した人や、今も利用している人たちも、沢山情報掲載してくれています。
そんな人たちの書いた【教育ローン】に関するブログやサイトが何よりの参考文献です。
タグ:教育ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。