マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

保険・ローン・カードの知って得する情報

本当に知らなかったら損をする保険・ローン・カードの得得情報ブログです。

朝日生命破綻の可能性

【朝日生命】が破綻したら、どうなってしまうのでしょうか。
【朝日生命】に限らず、保険会社が破綻したらどうなってしまうのかは気になるところでしょう。
破綻の可能性ですが、【朝日生命】だけでなくまた保険会社だけでなく、あらゆる企業が破綻の可能性を持っていると考えて良いと思います。
【朝日生命】は顧客会得数が伸び悩んでいるそうですが、今は外資系の保険会社が強いので、日本の保険会社はどこも苦戦している様です。
また、【朝日生命】、他の生命保険会社から別の保険会社に契約をしなおす人も多く、保険業界は色々と大変みたいですね。
私は【朝日生命】に加入していますが、保険会社が破綻してしまったら契約はどうなるのだろう・・・と不安を感じています。
【朝日生命】が破綻したら、私の契約はどうなってしまうのか。
不安になった私は、【朝日生命】はじめ保険会社が破綻した時のことを調べました。

【朝日生命】が破綻してしまった場合、救済の方法は二つあるそうです。
まず、【朝日生命】が破綻した後に救済してくれる保険会社が現れた場合です。
この場合は、【朝日生命】破綻後もその生命保険会社が保険契約を継続してくれます。
では、【朝日生命】破綻後に救済してくれる保険会社が出てこなかったどうなるのでしょうか。
その場合は、承継保険会社および保険機構が保険内容を引き継いでくれるそうです。
【朝日生命】が破綻しても、保険内容が継続できなくなるわけではないのですね。
もちろん【朝日生命】が破綻しないことが一番ですが、万が一破綻しても、救済措置があるのです。
これを聞き、私は【朝日生命】との契約を継続しています。
しかし、【朝日生命】および保険会社が破綻すると、責任準備金が減ってしまう可能性もあるので注意が必要です。

朝日生命の生命保険と年収

【朝日生命】に加入する時、最初に考えたのは年収のことでした。
【朝日生命】に限らず、生命保険への加入を考えている人は、年収のことを気にするのでは・・・と思います。
せっかく【朝日生命】に加入しても、年収に見合わない値段の生命保険を選んだら、保険料を払っていくことができない・・・そう思ったのです。
でもうちの年収はとても少ないので、【朝日生命】の中に入ることができる保険があるのだろうか、と思いました。
そんな悩みを、【朝日生命】の職員は真摯に聞いてくれました。
【朝日生命】の職員がいなければ、今頃私たちは生命保険に入っていなかったと思います。
「年収は少ないけれど、生命保険に加入したい」という私たちの願いを、【朝日生命】は叶えてくれたのです。
【朝日生命】には、本当に感謝しています。

【朝日生命】の職員に生命保険のことを相談する時、私は最初に「年収が低くて、高い保険には入ることができない」と伝えました。
そんなことを【朝日生命】の職員に伝えるのは恥ずかしかったのですが、高い保険を紹介してもらっても入ることができないので、言いました。
すると【朝日生命】の職員は、「保険と言うと高いものばかりを想像されてしまうのですが、決してそうではなく、安い生命保険もたくさんあります」と言ってくれました。
そして【朝日生命】の職員は、色々な生命保険を紹介してくれました。
私たちの将来設計を聞いてくれ、「この時期にはこのくらいのお金がかかりますよ」と教えてくれ、【朝日生命】の職員は本当に親身になってくれました。
正直、「自分たちの年収で生命保険は難しいのでは」と思う事もありましたが、色々な種類の保険を【朝日生命】が紹介してくれたおかげで、加入することができました。
【朝日生命】に加入することができた時は、本当に嬉しかったです。

朝日生命の申込方法

【朝日生命】に申込をしたい、保険について知りたい、そう思った時は、どうしたらいいのでしょうか。
まず、【朝日生命】に申込をする前に、「どんな保険に入りたいのか」を決めなくてはなりません。
【朝日生命】にはたくさんの保険がありますので、「どの保険に入るか」を職員と相談してみましょう。
「【朝日生命】の、どんな保険に加入すれば良いのか」は、人によって異なります。
【朝日生命】に限らず、生命保険というのは男女でもオススメの保険が異なりますし、年齢によっても家族形態によっても違ってきます。
ですので、まずは「自分が【朝日生命】のどんな生命保険を必要としているのか」を考えましょう。
ここで、【朝日生命】にはどんな生命保険があるのかを書いてみたいと思います。
【朝日生命】の保険を選ぶ際、参考にしてみて下さい。

【朝日生命】の保険と言えば、何といっても「保険王」です。
【朝日生命】の「保険王」はオーダーメイドの保険なので、個人に合わせた保険を選択することが可能です。
保険は人によって必要なものが異なりますが、【朝日生命】の保険王なら「自分のライフスタイルに合わせた保険」を選ぶことができるので安心です。
必要な保健だけを組み合わせることができる、それが【朝日生命】の保険王です。
【朝日生命】の保険の中でも、保険王は選ばれることが多い保険のひとつで、知名度もかなり高くなっています。
「介護されることを想定して入る保険」「万が一の事態に備える保険」など、【朝日生命】の保険王は人生設計を立てた上で必要な保健を選択していきます。
【朝日生命】ならではの保険と言えるでしょう。

【朝日生命】の保険を少し紹介してみます。
まずは、保険王メディカル For Ladies」という保険です。
これは、【朝日生命】が女性特有の疾病に備えるために作った保険です。
入院や手術などをサポートしてくれる安心システムで、【朝日生命】の保険の中でも注目度が高いものです。

朝日生命の噂

【朝日生命】のことを口コミで聞いたことはありますか。
【朝日生命】に限らず、生命保険を選ぶ時って「口コミ」がとても大事なんです。
私は【朝日生命】の保険に加入していますが、加入を決めたのは「口コミ」がきっかけです。
友人に【朝日生命】の保険のことを聞き、「その保険良いな」と思って加入を決めました。
私以外にも「口コミで【朝日生命】に加入を決めた」「保険会社を選ぶ時は、口コミを頼りにした」という人が結構います。
確かに、【朝日生命】含め他の保険会社の情報は「実際にその保険に加入している人」からもらいたいですものね。
それに、友人が「【朝日生命】良いよ」と言えば、何となく「【朝日生命】に加入したい」と思うものです。
【朝日生命】、他の保険会社の中でも、口コミはとても大切なものなのですね。

【朝日生命】のことを私に教えてくれた友人は、実際に【朝日生命】の保険に加入している子でした。
しかも、他の生命保険を解約して【朝日生命】に加入しました。
その時私は「どの生命保険に加入するか」を考えている状態だったので、「【朝日生命】ってそんなに良いの」と友人に聞いてみました。
その時点で、私が入りたいと思う生命保険の中に「【朝日生命】」はありませんでした。
が、その後友人から【朝日生命】の話を聞き、「この保険会社に加入してみたい」と思う様になりました。
友人が私に紹介してくれた【朝日生命】の保険は「保険王」です。
保険王は【朝日生命】の中でかなり有名な保険ですが、友人からこの保険のことを聞いて初めて内容を知りました。
つまり、私は彼女の話を聞かなかったら【朝日生命】に入らなかったかもしれないのです。

【朝日生命】の保険王のことを友人に聞き、私は実際に保険会社の職員に話を聞いてみることにしました。
【朝日生命】の保険王に私が惹かれたのは、「それぞれのライフスタイルに合わせた保険を作る」という所です。
一人ひとりの人生に合わせた保険を作る・・・【朝日生命】らしい保険です。

朝日生命の格付け

【朝日生命】の格付けが、引き下げられたことをご存知でしょうか。
【朝日生命】の格下げはインターネットでもニュースになったので、ご存知の方も多いかもしれませんね。
【朝日生命】は、21段階評価の中で11番目の「Ba1」となり、「支払い能力に伴う安全性が不安定」という評価になりました。
長い歴史を持つ【朝日生命】が、この様な評価になってしまったことはとても残念です。
この【朝日生命】の格付けはアメリカの「ムーディーズ・インベスターズ・サービス」が行ったもので、更に下がるかもしれないことを示唆しています。
【朝日生命】がこの様な事態になってしまったのは、近年の金融危機が関係しています。
【朝日生命】だけでなく、この金融危機のせいで多くの企業が経営難に陥り、売り上げを落としています。
残念ながら、この金融危機が去らない限り、【朝日生命】が引き上げられるのは難しいでしょう。
しかし、この様な事態は【朝日生命】だけではないのです。

【朝日生命】だけでなく、大手企業は軒並み売り上げが減少しています。
年末の派遣切りニュースでも解るとおり、【朝日生命】以外にも「業績の悪化」や「経営不振」に陥っている会社はたくさんあるのです。
その中で、【朝日生命】はまだ健闘しているほうと言えるのではないでしょうか。
格下げが発表されてから【朝日生命】の方とお会いする機会がありましたが、きちんと自社を支え、【朝日生命】を盛り上げていこうと言う気概を持っていました。
あの様なやる気のある社員がいる【朝日生命】は、まだまだ頑張ってくれると思いました。
それを信じて、私は【朝日生命】を応援していきたいと思っています。

朝日生命の解約方法

【朝日生命】を、残念ながら解約することになってしまいました。
【朝日生命】の生命保険はすごく気に入っていたのですが、昨今の不景気からお給料が下がり、解約しなければならなくなったのです。
せっかく加入した【朝日生命】を解約してしまうのは残念なのですが、やはり今後のことを思うと生命保険を解約するしかない、と思いました。
私に限らず、【朝日生命】の様な生命保険会社を解約するという人はすごく増えているそうです。
それは、私が【朝日生命】を解約した様に、お給料が減って保険料を払うことができないという理由が大きいそうです。
私と同じ理由で、【朝日生命】を解約した人もいます。
やはり「せっかく加入した【朝日生命】を解約するのは残念だ」と皆肩を落としています。
私も【朝日生命】を解約するのは辛かったです。

【朝日生命】だけでなく、他の生命保険会社も軒並み収益を落としている様です。
外資系で調子のいい生命保険会社もいくつかある様ですが、【朝日生命】のように収益が悪化している所がほとんどの様ですね。
また、【朝日生命】の収益が伸び悩む理由の一つとして、消費者のニーズに対応するのが遅かった、ということを挙げる人もいます。
【朝日生命】以外の生命保険会社が早い段階で「銀行の窓口で販売する個人年金保険」に着手しましたが、【朝日生命】は参入することができず、遅れをとってしまいました。
その様な状況も、【朝日生命】の現状の原因だと言われています。
また、低価格を売りにする生命保険会社がCMを増やしたこともあるでしょう。
【朝日生命】は、色々と辛い立場に立たされているのです。

【朝日生命】は厳しい状況におかれていますが、だから「駄目なのか」と言えばそうではありません。
【朝日生命】には、今でも「この保険会社以外とは契約しない」という人はたくさんいます。

朝日生命の営業所

【朝日生命】の営業所はたくさんあります。
しかし、「【朝日生命】の営業所に行く時間が無い」という場合は、電話をすれば担当の社員が自宅まで来てくれます。
私も、【朝日生命】に加入する際は何度か社員さんに来てもらいました。
自宅に来てもらうのは申し訳ない・・・と思ったのですが、【朝日生命】の職員さんはとても感じよくして下さいました。
ここでいくつか、【朝日生命】の営業所をご紹介しましょう。
まずは京都府にある「【朝日生命】宇治営業所」。
宇治といえばお茶が有名な所ですが、そんな所にも【朝日生命】の営業所があるのですね。
【朝日生命】宇治営業所の近くには、「あすなろ岡本診療所」「西宇治小学校」などがあります。
それから広島にある「【朝日生命】宇品営業所」。
近くには「スーパーディスカウントディオ」「田村医院」などがあります。
他にも【朝日生命】の営業所はたくさんあります。

【朝日生命】は、北海道から沖縄までたくさんの営業所を持っています。
上記では京都、広島の【朝日生命】営業所を紹介してみましたが、続いては本社の中にある「大手町サービス窓口」をご紹介します。
東京都千代田区にある【朝日生命】大手町サービス窓口は、東京駅のすぐ近くにあるという利便性の良さ。
「ついでに【朝日生命】で生命保険を見ようかな」なんてことが簡単にできてしまいます。
また、東京では新宿にも【朝日生命】の支社があります。
西新宿にある【朝日生命】の支社は、近くに「新宿三井ビル」「新宿センタービル」「新宿エルタワー」などがあるので、かなり解りやすい立地条件だと思います。
西新宿にあるこの【朝日生命】支社も、交通の便が良いです。

【朝日生命】の支社をもう少しご紹介しましょう。

朝日生命のCM

【朝日生命】のCMといえば、菅野美穂さんです。
菅野美穂さんは、既に「【朝日生命】の顔」と言っても良いくらい名前が定着してます。
菅野美穂さんといえば、【朝日生命】のCM以外にも、映画やドラマで大活躍の女優さんです。
菅野美穂さんが出演する【朝日生命】のCMは、ユニークで可愛らしいものばかり。
【朝日生命】のポスターにも登場していますが、それをみると菅野美穂さんがいかに長くこの【朝日生命】の宣伝をしているのかが解ります。
私も菅野美穂さんは大好きで、彼女が出演している【朝日生命】のCMもずっとチェックしてきました。
私の友人の中にも、菅野美穂さんが好きで【朝日生命】に加入したと言う人がいます。
菅野美穂さんは、【朝日生命】にすごい影響を与えているのですね。
そんな菅野美穂さんの【朝日生命】のCMを振り返ってみましょう。

【朝日生命】のCMで菅野美穂さんが出演しているもの。
現在放送されている【朝日生命】のCMは「会話編」と呼ばれるもので、菅野美穂さんはライフコンサルタントになっています。
【朝日生命】のライフコンサルタントに扮した菅野美穂さんが、お客さんとお話していると言う設定で、菅野美穂さんの水瑞々しい演技を見ることができます。
【朝日生命】のライフコンサルタントらしく、かっちりしたスーツに身を包んだ菅野美穂さんが見ものです。
この【朝日生命】のCMは高感度も高く、つい続きが気になってしまうような感じです。
徳永英明さんの「ことば」という曲が使用されていますが、これもぴったり合っています。
見ているだけで、【朝日生命】の良さが伝わってくるCMです。

【朝日生命】のCMを少し振り返ってみましょう。

朝日生命のビル

【朝日生命】のビル
【朝日生命】に限らず、生命保険会社のビルって立派ですよね。
一度【朝日生命】本社のビルを見たことがあるのですが、すごくキレイなビルでした。
「こんなキレイなビルが、【朝日生命】のビルなのか」と驚いた記憶があります。
さすが、日本を支える生命保険「【朝日生命】だ」と思いました。
【朝日生命】といえば、1888年から続く老舗の生命保険会社です(開業当時は帝国生命保険という名前でしたが、後に今の名前となりました)。
【朝日生命】は開業から現在に至るまで様々な生命保険を販売し、私たちの暮らしを支えてくれています。
また、【朝日生命】といえば「アサヒフォトコンテスト」も有名です。
ほのぼのした写真から美しい写真まで、【朝日生命】のアサヒフォトコンテストでは様々な写真を見ることが可能です。
興味がある人は、【朝日生命】のこの企画に応募してみてはいかがでしょうか。

【朝日生命】は、日本を代表する生命保険で有名です。
現在も、「保険王」など人々の暮らしを支える生命保険をたくさん出しています。
私も【朝日生命】の「保険王」に加入しているのですが、担当の方がすごく解り易く内容を説明してくれたので、迷わず加入しました。
生命保険の説明は解りにくいと聞いたことがあるのですが、【朝日生命】の説明は解り易く、また納得できるまで何度も説明してくれました。
【朝日生命】のおかげで、それまで全く知らなかった生命保険に詳しくなったくらいです。
また、【朝日生命】のホームページを見ると、人生設計や年齢に合わせて生命保険を選ぶことができる様になっています。
この事も、私が【朝日生命】を選んだ理由のひとつなんです。

【朝日生命】のビルに行くと、親切なスタッフが生命保険について色々と説明してくださいました。

生命保険販売の基本ルールとコンプライアンス


朝日生命

【朝日生命】という生命保険会社をご存知でしょうか。
生計保険を選ぶとき、私も【朝日生命】のことをインターネットで調べました。
【朝日生命】は、1888年に「帝国生命保険株式会社」として設立されましたが、その後名称が変更され、1947年に現在の「【朝日生命】保険株式会社」となったそうです。
設立から現在まで、【朝日生命】は色々な生命保険を販売し、人々の暮らしを助けています。
生命保険を選ぶとき、私は色々な保険会社のホームページを見ましたが、【朝日生命】のホームページはすごく解りやすくて良かったです。
【朝日生命】のホームページを見た時、私は結婚した直後でした。
生命保険のことをしっかり考えないと・・・と思っていた時、見たのが【朝日生命】のホームページでした。
結婚すると、どういった意味で生命保険が必要になるのか、それを【朝日生命】のホームページで学びました。
【朝日生命】のホームページをみたおかげで、それまで全く思いつかなかった生命保険の大切さを知りました。
ここで、そんな【朝日生命】についてお話してみましょう。

【朝日生命】の生命保険で、有名なのが「保険王」です。
コマーシャルで菅野美穂が紹介しているあれですね。
この【朝日生命】の保険王は、「個人の目的に合わせて生命保険を選ぶことができる」という活気的な保険です。
人の人生設計を大切にしてくれる、【朝日生命】だからこそ実現できたものでしょう。
【朝日生命】では、「万が一の時のための生命保険」「介護に備えるための生命保険」「病気や怪我をしてしまった時の生命保険」などを用意しています。
また、【朝日生命】では年代から生命保険を選ぶことができます。
二十代と五十代では、必要な保健も違ってきますものね。

生命保険で損をしたくないならこの1冊


間違いだらけの生命保険選び


朝日生命】
【朝日生命】という生命保険会社をご存知でしょうか。
生計保険を選ぶとき、私も【朝日生命】のことをインターネットで調べました。
【朝日生命】は、1888年に「帝国生命保険株式会社」として設立されましたが、その後名称が変更され、1947年に現在の「【朝日生命】保険株式会社」となったそうです。
設立から現在まで、【朝日生命】は色々な生命保険を販売し、人々の暮らしを助けています。
生命保険を選ぶとき、私は色々な保険会社のホームページを見ましたが、【朝日生命】のホームページはすごく解りやすくて良かったです。
【朝日生命】のホームページを見た時、私は結婚した直後でした。
生命保険のことをしっかり考えないと・・・と思っていた時、見たのが【朝日生命】のホームページでした。
結婚すると、どういった意味で生命保険が必要になるのか、それを【朝日生命】のホームページで学びました。
【朝日生命】のホームページをみたおかげで、それまで全く思いつかなかった生命保険の大切さを知りました。
ここで、そんな【朝日生命】についてお話してみましょう。

【朝日生命】の生命保険で、有名なのが「保険王」です。
コマーシャルで菅野美穂が紹介しているあれですね。
この【朝日生命】の保険王は、「個人の目的に合わせて生命保険を選ぶことができる」という活気的な保険です。
人の人生設計を大切にしてくれる、【朝日生命】だからこそ実現できたものでしょう。
【朝日生命】では、「万が一の時のための生命保険」「介護に備えるための生命保険」「病気や怪我をしてしまった時の生命保険」などを用意しています。
また、【朝日生命】では年代から生命保険を選ぶことができます。
二十代と五十代では、必要な保健も違ってきますものね。

生命保険で損をしたくないならこの1冊


間違いだらけの生命保険選び


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。